クラミジアによる匂いとパーキンソン病について

クラミジアに感染するとおりものが増えるので分泌物の匂いが変わってくるのですが、自分の性器の匂いをチェックすることが難しいので、おりものの色の変化によって感染したことに気がつくことが多いとされています。クラミジアは女性に多い性感染症で子宮内膜炎や卵管炎の原因になることがあるので早期発見が重要なのですが、初期症状が軽いことで放置される割合が比較的高いとされていて、世界的にも感染者が増えているクラミジアの対策は急務とされています。クラミジアによる性器の匂いは細菌感染による炎症が原因なので膿から発生しています。クラミジアの検査は性病科で行われていますが、自治体によっては定期的に性病の無料相談や検査などを行っているので、保健所などで検査を受ける方法もあります。インターネットを利用した性病検査もありますが、健康保険が適用されていないので割高になります。パーキンソン病は筋肉のこわばりが起きるので、それによって手足の動きが不自由になって、体全体が固く縮んだようになるのが特徴ですが、これ以外にもパーキンソン病に特有の症状としてはまばたきの回数が減少したり、健康な人と比較して体の動きが異常に少なくなることなどがあります。パーキンソン病は薬物療法によって体の機能を維持するのですが、運動機能が低下しないようにリハビリテーションも同時に行うことが重要とされていて、薬物の効果が見られない場合には最終的に寝たきり状態になることがあるので、専門的な治療を行うことができる大学病院などで適切な治療を行う必要があります。またパーキンソン病はうつ病が同時に生じることが多いとされているので、落ち込みや意欲の低下などの軽いうつ症状に気がついたらSSRIなどの投与が必要になります。