クラミジアとコンジロームの関係とクローン病

クローン病は若い世代の患者が多いとされていて、口腔内から肛門までの全ての消化器官に潰瘍ができる病気で原因不明のために根治療法などは確立されていませんが、クローン病に関する診断基準などは定められているので、医療機関を受診するとクローン病かどうかの判定をすることができます。潰瘍性大腸炎などもクローン病の一種とされているので潰瘍の部位によっては効果的な治療が行われるようになっています。クラミジアとコンジロームはどちらも性感染症で、クラミジアは自覚症状があまりないので気が付きにくいのですが、コンジロームの場合は性器にイボ状の突起物ができるので性器や肛門のまわりにイボ状の突起物がある場合にはコンジロームの感染が疑われます。クラミジアに関しては世界的にも流行しているので感染が疑われる場合はすぐに検査を受けて治療をしなければならないのですが、症状が軽いことで積極的な治療が行われずに結果的に感染が増えています。クラミジアは妊娠している女性が感染すると乳児がクラミジア肺炎になったり、早産や流産の原因にもなるので、将来的なリスクを考えた場合には定期的に検査キットなどを使って検査を行って、感染が確認できたら性病科などで治療を受けることが必要です。また男性の場合は泌尿器科でも治療することができるのですが、尿道炎のような症状しか出ないことから淋病などの重い感染症にかかってから受診することが多いとされていて、淋病とクラミジアの感染が同時に発見されることも多くなっています。若者の場合は不特定多数のパートナーとのセックスが多くなるので、性感染症の検査を定期的に行うことが重要なのですが、不安が大きいことから検査をしない女性も数多くいて感染の原因にもなっています。