クラミジアは実は危険な感染症

クラミジアとはクラミジアトラコマティスという菌によって引き起こされる性感染症です。
クラミジアトラコマティスは直径0.3ミクロン程の細菌の仲間で、口と口・口と性器・口と性器が直接接触することで感染します。
症状としては男性の場合だと軽い尿道の痛みや不快感を感じる場合があります。また、尿道を圧迫すると粘液性の分泌物を確認できることもあります。
女性だと男性と比べて症状が乏しいため、感染を自覚することがあまりありません。オリモノが少し多くなったり、性交後に軽い痛みを感じる程度です。
しかしそのまま放っておくと、菌がどんどん体内に広がっていきます。子宮内膜・卵管・腹腔内に炎症が起き、激しい痛みを伴うことがあります。そうなると、子宮内膜炎、卵管炎、肝炎の症状を引き起こし、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなってしまいます。
もし、不安な行為をしたのであれば、行為の後1週間経ってから検査を受けましょう。クラミジアの治療方法は、抗生物質を服用することです。ただし、種類によって回数が違ってくるので、飲み忘れには注意が必要です。また、治療後1週間が過ぎたら必ず完治確認検査を受けることです。
クラミジアは特に女性は自覚症状が少ないため、感染に気づかないままパートナーを替える時に感染を広めていってしまいます。風俗などで感染するというイメージがありますが、最近の風俗店では性感染症対策が進められています。逆に一般の交際相手同士で感染する場合が増えてきています。
将来子どもを望むのであれば、パートナーとはよく話し合い、症状が出たのであればすぐに治療を進め、気がついたら手遅れだったということにならないよう、行為も含めて素敵な関係を築いていきたいものです。
■クラミジアの薬を知る
クラミジアに有効なジスロマック
■商品内容を隠して配達してくれます
クラビットの通販情報
■世界中の多くの人が利用している
レボクインはジェネリック医薬品です